良い不動産業者に出会うには

良い不動産業者に出会うには

不動産を少しでも早く、高く売りたい――。そんなオーナー様の希望を叶えるカギが、不動産業者選びです。その地域のことをよく知っているか? 実績・経験は豊富か? など、良い不動産業者に出会うには確認すべきポイントがあります。また、こちらでは不動産買取・売却で起こりがちなトラブルについてもご紹介します。もし、福井県や石川県、富山県などの北陸地方で不動産に関する不安・お悩みなどございましたら、北陸不動産売却・買取コンシェルジュにご相談ください。

業者選びのポイントとは?

後悔しない不動産売却を成功させるためには、以下のようなポイントをおさえて業者を選ぶことが大切です。

業者の得意分野

業者の得意分野

不動産売却にもさまざまな種類があり、不動産業者にも得意・不得意があります。たとえば、「マンションを売るのか?」「一戸建て住宅や土地を売るのか?」「投資用の不動産なのか?」「居住用の不動産なのか?」などによって選ぶ不動産業者は変わります。不動産業者にはそれぞれに得意な分野があり、得意分野は実績豊富でネットワークも充実しているため、より好条件での売却が期待できます。

不動産業者の種類

宅地建物取引業の免許を受けている業者でも、その種類はいくつかにわかれています。所有不動産の売却を依頼する場合は、「売買物件の媒介」が可能な業者を選びましょう。

取引業務の種類
分譲業者 造成した宅地へ建物を建て、利益を得る
買取再販売業者 競売、またはその他の方法で中古物件を安く買い、通常価格もしくは少し高めに販売する
媒介業者 売主・買主間の売買契約を取り持つ
その他 土地開発、賃貸物件など

複数の不動産業者に査定を依頼する

複数の不動産業者に査定を依頼する

査定は業者を見極めるための一つの目安となります。査定額はもちろん、連絡の頻度や対応の良さも大切なポイントです。そこで複数の不動産業者に査定依頼することをおすすめします。複数業者への依頼は手間がかかりますが、まとめて一括で複数の査定依頼ができるウェブサイトなどを活用すると時間と手間を省くことができます。

免許番号を必ず確認する

不動産業で建物の売買や賃貸の仲介をする場合には免許が必要です。不動産業者のホームページなど、または国土交通省のウェブサイトなどを活用して、免許番号を必ず確認しておきましょう。

不動産売買でよくあるトラブル

残念ながら、不動産売却時にトラブルが生じるケースも少なくありません。しかし、十分注意して業者を選ぶことでリスクは軽減できます。以下のようなトラブルに注意しながら、不動産売却をすすめていきましょう。

支払いトラブル

支払いトラブル

不動産売買では大きなお金が動きます。そのため、お金の支払いをめぐってトラブルになることもあります。以下のようなトラブルに注意し、支払い方法を明確にしておきましょう。

仲介手数料のトラブル

「仲介手数料は法律で決まっているから」と言われ、高額な手数料を請求されるトラブルがあります。しかし、法律で決まっているのは仲介手数料の金額ではなく「上限」。高額すぎると感じたときは、業者に遠慮せず質問を投げかけてみましょう。

手付金・申込金のトラブル

契約が成立しなかった際に、売主から受け取った申込金を返還しないというトラブルがあります。これは「手付金」と「申込金」の混同によって起こりがちなトラブル。「手付金」が交渉する権利の確保のために売主に対して支払われるのに対し、「申込金」は契約が締結されなければ返還されるものです。

瑕疵(かし)担保責任に関するトラブル

瑕疵(かし)担保責任に関するトラブル

隠れた瑕疵(かし)が見つかった場合、買主は売主へ補修・損害賠償を求めることができます。また、瑕疵が重大な場合は、契約解除を求めることも可能です。高く売りたいと考えるあまり物件の不具合を業者に報告せずに売却を進めてしまうと、売却後にトラブルが発生する可能性もあります。

越境トラブル

越境トラブル

塀・屋根・樹木などが隣の敷地にまで及ぶ「越境」している状態で不動産を売却すると、買主・隣地所有者との間にトラブルが生じることがあります。売却前に境界を明確にし、問題があれば解決しておくことが大切です。

失敗しないための「基礎知識」