不動産売却で必要な税金と費用

不動産売却で必要な税金と費用

物件の売却が成立すると売主は不動産の代金を受け取ることになります。ただし、同時に税金・費用などのお支払いが発生することも忘れてはいけません。こちらでは、不動産売却時にかかる税金と費用についてご紹介します。ご不明なことがありましたら、福井県や石川県、富山県を中心とした北陸地方で不動産売却のサポートをしている「北陸不動産売却・買取コンシェルジュ」までご相談ください。私たちは、わかりやすい説明としっかりとした契約書で、気持ちよくお取引いただけるよう努めております。

不動産売却時にかかる税金は?

不動産を売却する際には、以下のような税金が必要になります。

所得税

不動産の売却によって利益(譲渡所得)が出た場合、所得税がかかります。その対象となるのは、売却によって得た利益から費用・控除分経費を差し引いた純利益分です。税率は物件の保有期間によって変動します。

住民税

所得税と同様に、不動産の売却によって利益(譲渡所得)が出た場合、住民税がかかります。税率は物件の保有期間によって変動します。

譲渡所得の計算

不動産売却時に得る利益とは、原則として取得時~売却時の資産の値上益を指します。その算式は以下の通りです。

譲渡所得=収入金額- (所得費+譲渡費用) -特別控除

印紙税

不動産売買契約書には、契約金額に合わせて収入印紙を貼付することが印紙税法で定められています。収入印紙代としてどれだけの金額が必要か、不動産業者に確認しておきましょう。

不動産譲渡についての特例

所得税・住民税の金額は、物件の種類や面積、築年数などによって変動します。また、所有期間や買い替えかどうかなどの条件によってさまざまな特例が設けられているため、所得税・住民税を正確に把握するのは簡単ではありません。詳しくは不動産業者・税務署・税理士などに相談してみましょう。北陸不動産売却・買取コンシェルジュでは、税金についてのご相談もうけたまわっております。

不動産売却時にかかる費用は?

仲介手数料

売買契約が成立時に仲介業者が受け取る報酬のことです。片手仲介において、その上限は「物件価格の3%+6万円」と宅地建物取引業法で定められています。

抵当権抹消費用

抵当権を抹消する手続きにかかる費用です。一般的な金額は2万円程度で、司法書士に支払います。金融機関によって設定されている抵当権が残っている場合、その不動産を売却することはできません。売却するためには、住宅ローンの残債を支払った上で、抵当権を抹消してもらう必要があります。

その他の諸費用

ほかにも不動産売却時には以下のようなさまざまな諸費用が必要になります。詳細を確認してから売却をすすめましょう。

(買い換えで住宅ローンを利用する場合)住宅ローン費用
各種精算金
引渡し準備などにかかる費用 など

失敗しないための「基礎知識」