土地の査定評価を上げる方法

本日は土地の評価査定を上げる方法を記載しようと思います。

土地というのは更地がほとんどですから査定を上げる方法については思い浮かばない方も多いのではないでしょうか?

しかし、確実に査定を上げる方法は存在します。何パターンかをお伝えします。

まずは1パターン目

土地に上下水道のマスが引き込まれているはずなのに場所が分からないケースです。このケースは放置されてる土地であればあるほどおきやすく、マスが土に埋まっている場合や草が乱雑に伸びて不明な場合です。

これは、評価上減額になりやすく、出来ればこまめな除草、マスの上の土撤去を行う事をオススメします。これだけで印象が変わりますから査定アップにつながりやすいですね。

2パターン目です

土地が道路から下がっていたり、上がっていたりする場合です。擁壁で上がっている場合は仕方ないですが、土が雨風で流れ少なくなっていたり、逆に増えてあふれていると印象が悪くなります。

この部分も土をすきとったり、増やしたり、ならしておくことが大事です。

3パターン目

土地に収益を付加して売る場合です。例えば街中であればコンテナを起きてストックルームとして賃貸し収益物件(収益土地)として売る場合は収益還元率から算定しますから評価が上がる(売却金額が増える)可能性があります。一度相談しましょう。

賃貸マンション・アパートを建てて売る場合は木造は避けたほうがいいです。木造は非常に評価が低い分高利回りをうたいますが、銀行で中古築浅木造アパートを買う場合はかなりの属性値を必要とします。ですから、安い鉄骨(軽量鉄骨は除く)以上で建てましょう。売却を視野にいれている場合に限ってですが、、

以上の事が土地の評価を上げる方法です。ただし、土地をきれいに見せるための舗装は固定資産税が上がったり、住宅を建てるさいにめくる必要があったりで評価が下がる事がありますから注意して下さい。

北陸不動産売却,買取コンシェルジュをよろしくお願いします。