鉄筋コンクリート物件の注意点

今日は、鉄筋コンクリートの物件(鉄筋コンクリート造住宅,鉄筋コンクリート造マンション,鉄筋コンクリート造店舗)等の注意点についてお伝えしたいと思います。

鉄筋コンクリート造の物件は構造体がコンクリートと鉄骨で出来ています。鉄骨をコンクリートで覆い固める事により優れた耐久性を持ちます。

また気密性が非常に高く(窓が1枚ガラス,開口がでかいは除く)エアコン使用時もランニングが非常によくなります。

火災でも全焼することは稀です。

耐震性でも非常に優れています。

このようにイイこと尽くめのようですが、色々と注意点があります。

まずは第一に鉄筋コンクリート造の物件は評価が非常に高い為、固定資産税がすごい高いんです。

法人で所有していて儲かっている方なら減価償却もでかいので悪くはないのですが、儲かっていないと固定資産税が払えないなんて事になりかねません。

そして、雨漏れがおきたり配管が劣化した場合に屋上が防水シートなので施工が一部では済まない、配管が鉄筋内にあるため工事費用が非常に高いといった事もあります。

また解体費も非常に高く、解体更地渡しをするときは査定が非常に低くなります。アスベストは鉄骨ほどは使用していないので純粋な解体費が高いのです。

火災時も注意が必要です。全焼しないので保険は一部しか下りず、修繕して使い続けないといけません。

このような事から鉄筋コンクリート造の物件は現況で売買するということが大前提になります。

最後まで持ちきるか、売れるうちに売るという事が重要です。

幸いにここ1年~3年は鉄筋コンクリート造の物件は非常に高く売れています。収益物件(投資用マンション,アパート)に限りますが、

不動産売却,買取コンシェルジュでは鉄筋コンクリート造の物件を高く売るために様々な情報を集めています。

一度ご相談頂ければ売主様に応じたプランを提供できると思います。

不動産売却・買取コンシェルジュをよろしくお願いします。