リフォーム,リノベーション

本日は物件のリフォーム,リノベーションについてお伝えしようと思います。

物件(売り戸建て住宅,マンション,アパート,ソシアルビル,売り店舗)等の査定や売却を行う場合にリフォームやリノベーション履歴があるかないかは非常に重要なポイントになってきます。

リフォームとは、雨漏りなどの修繕,住宅設備(キッチン、浴室などの)取り替え,住宅の床面積を増やす増築,住宅の間取りを替える改築,性能強化(サッシ,ガラス)などの取り換え,耐震補強,バリアフリー工事,オール電化工事等をリフォームと言います。(老朽化した建物を建築当初の性能の戻す事)

リノベーションは用途や機能変更、性能の向上、価値を高めるという事になります。例は店舗をアパートに変更したり、中古住宅を店舗付き住宅にしたり、大幅間取り変更で内装を一新し全く違うものに変えたりすること。

実際に査定を行う場合はキレイですから査定評価は上がりますし

売却を行う場合も高く売れる事が多いです。

しかし一番重要なのは外壁と屋上,屋根,配管等を直しているかどうかが大切です。

その部分が修繕されていないという事は購入後にいつ雨漏れ,水漏れが起こるかわからないリスクがあるからです。

銀行も修繕履歴を気にする銀行が増えていますから、査定を依頼する際は出来るだけ修繕履歴を用意しましょう。

北陸不動産売却,買取コンシェルジュではどんどん査定を受け付けています。是非一度お問い合わせ下さい。