不動産を「売る」「貸す」で比較

不動産は「売る」「貸す」どちらがお得なのでしょうか?
「転勤で引っ越すことになったから」「家族が増えたから今より広いところへ住み替えたい」・・・など、今所有されているお住まいの処分を考えられた時、「売るか?」「貸すか?」二つの選択肢で迷われる方も多くいらっしゃると思います。
今回は、「売る」「貸す」どちらがお得なのか?について見ていきましょう。
まずは、「売る」「貸す」のメリット、デメリットについてです。

「売る」場合・・・

メリット

・まとまった資金を得られる

・空室を心配する必要がない

デメリット

・売却することで、不動産資産がなくなる

・売却時期によっては大きな損失が生じる場合がある

・売却に関する諸費用や税金が発生する

 

「貸す」場合・・・

メリット

・不動産資産を保有しながら、家賃収入が得られる

・賃貸料がデフレの影響を受けにくい

デメリット

・空室になった場合は賃貸料を得られない

・年数が経つごとに賃貸料が下がっていく

・リフォーム費用などの維持費がかかる

・賃貸料不払いなど賃貸人とのトラブルが発生する場合がある

 

このように、「売る」場合も「貸す」場合もさまざまなメリット、デメリットがあり、これだけで「どちらがいいのか?」を判断するのは難しいかと思いますが、その他に、その不動産の資産価値やローンの残高、今後のライフプランなど、さまざまな要素を踏まえた上で判断されると、結果的に「損をしない」選択ができるのではないかと思います。

北陸不動産売却・買取コンシェルジュでは、最大5社による一括査定ができますので、お気軽にご依頼・ご相談ください。