収益物件(投資用マンション,アパート,貸家)等の先行き

収益物件(投資用マンション,アパート,貸家)の先行きについてお伝えしようと思います。

2017年8月10日現在において収益物件はまだまだ販売されており。不動産投資バブルの継続を象徴させています。

しかし、販売されている物件の90%以上は価格が大幅に高くなっており昨年度に比べると販売ペースが落ちてきています。

 

さらに追い打ちをかけるように銀行での融資時の条件が厳しくなっており販売はされていくが、バブル価格は終了の予感が十分にあります。

突然、銀行での条件が厳しくなったのは、悪質な不動産業者による取引が原因となっています。

とくに乱雑に全国の不動産会社が全国にDM,DMメールを送るスタンスは地域内での評価を乱し結果的に販売の妨げになっています。

適正に販売したいのであれば信頼出来る不動産会社に査定を依頼する必要があります。

北陸不動産売却,買取コンシェルジュでは基本的に厳選した地元の不動産会社5社以上と提携し、当社と不動産会社様で査定を行います。

それを行うことにより地域性,生産性をも考慮した適正な査定が出来ます。

また、不動産投資バブルは終わりを見せていますが、地域内取引は減少しません。

北陸内での査定は是非、北陸不動産売却,買取コンシェルジュにご相談下さい。

これからもよろしくお願い致します。