基礎知識|住宅ローン返済中でも不動産売却はできるのか?|不動産売却

お子さんの成長やライフスタイルの変化による住み替えのために、現在のお住まいの売却を希望される方も大勢いらっしゃいます。

そのような理由で売却を希望される方全てが、住宅ローンを完済されているかというとそうではありません。

 

住宅ローンを完済していなくても、不動産の買取を依頼することはできるのでしょうか?

本日はこの点に注目してご説明させていただきます。

 

まず、結論から申し上げますと、ローン返済中でも不動産売却できます。

ただ一つ条件があります。

 

それは、売却後すぐに、残りの住宅ローンを一括で完済しないといけないというものです。

 

これはなぜかというと、住宅ローンを完済しないと、抵当権を抹消することができないからです。

抵当権とは、金融機関などで住宅ローンを借りる際に、建物と土地がそのローンの担保として確保できるという貸し手側の権利です。

住宅ローンの支払いが滞ると、建物と土地が貸し手側のものになってしまうため、売却後すぐにこの抵当権を抹消する必要があるのです。

 

そうなると、売却額がローン残高を下回ってしまった場合、何らかの方法でそれを補わなければなりません。

不足分が多額になればなるほど、資金の調達は難しくなると思いますので、売却金額はどれくらいになるのか?ローン残高を下回った場合、それを貯金などによって全額返済できるのか?という点も事前に確認する必要があります。

 

不動産売却のプロ集団北陸不動産売却・買取コンシェルジュなら、お客様が不利益になるような売却活動は一切行っておりませんので、残りの住宅ローンについてもお気軽にご相談ください。