一棟ものマンション・アパートの査定

いつも北陸不動産売却・買取コンシェルジュのページを見て頂きましてありがとうございます。

今日は、直近での一棟ものマンション,アパートの査定についてお話させて頂きたいと思います。

4月~5月にかけて銀行での投資系融資が厳しくなったことは皆さんご存知だとおもいますが、それに伴い一棟ものマンション等の査定価格も下落していることをご存知でしょうか?

なぜかと言いますとズバリ!融資がつかないから売れないの一言に尽きると思います。

今までは融資が容易についた事から購入しても、同等額では売れるだろうとか、購入後リノベーションして満室に出来れば売れるだろうとか、オリンピックまでは不動産価格上がるだろうとか、期待をもっていたからこそ高い査定価格がついていた、というのが現状でした。

直近までは三為業者が増えたことで全国的に不動産が転売され、価格が高騰、そして今、オリンピックまで年数があるのに暴落という流れとなっています。

表面上は価格が下がっていませんが、実質的には下落している(融資が通らなければ売れない=価格下落

もう今さら感はありますが、本当の最終に来ています。

売却を検討の方は是非、売りに出してみる事をオススメします

強気の希望価格でなければ、まだ売る事が可能だと思われます。

以上

北陸不動産売却・買取コンシェルジュから一棟もの査定についてでした。

これからもよろしくお願い致します。