解体更地渡し

いつも北陸不動産売却・買取コンシェルジュをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

本日は、解体更地渡しについてお話しさせて頂こうと思います。

まず、解体更地渡しとは、不動産の売買契約をした際に売主側で建物(住宅,事務所,マンション,アパート,工作物)などを解体(撤去)して引き渡すことを言います。

例えば、売り土地 坪20万円 50坪 上物付きの場合

不動産売買価格は20万円×50坪で1000万円ですが、通常の場合買主様は不動産を取得後に建物解体費が100-200万円かかるわけです。

そうすると実際の所得価格は1200万円となります。

ですが、解体更地渡しでは解体費用を売主様がみるため、1000万円で更地の土地が手に入るわけです。

買主様には非常のメリットがありますよね。

よく見かける契約ですが、実は注意が必要な部分があるんです。

1つめの注意点は銀行の事前審査は通っていたが、売買契約をして売主側で解体を始めた場合、本審査で融資承認が下りず、買主が買えない場合です。 解体はおこなっているので売主には請求が来るが、物件が売れていないので払えない。

このような事が起きることがまれにあります。

これを防ぐことは出来ます。是非、ご相談ください。

2つめは土壌が昔は沼だった場所などの地盤がゆるい場所です。

解体更地渡しはしてもらったが、柱状改良が必要で建物を建てるのに非常にお金がかかるケースです。

これも事前調査である程度のリスクヘッジが出来ます。

このように注意する点があるのも解体更地渡しです。

以上

北陸不動産売却・買取コンシェルジュからでした。