年始のご挨拶

いつも北陸不動産売却・買取コンシェルジュを見て頂きまして誠にありがとうございます。

2019年度は1月4日より査定をスタートしております。

1月~4月の間は戸建て住宅の査定、買取を強化しています。

最近では、築が古い物件や、極小住宅、場所がへんぴな住宅など、売買価格が安い住宅に人気が集中しております。

逆に築浅住宅などは、たくさん査定依頼が来ていますが、残債が非常に大きいケースが多く、査定後に希望価格で売り出しをするケースが多いと感じています。

住宅メーカーや、工務店は、業績がいいらしく、消費税増税前の駆け込みを感じています。それだけ新築住宅を建てている方がいらっしゃるという事ですから、自然と築浅住宅の査定価格は下がっていく傾向にあると北陸不動産売却・買取コンシェルジュは考えています。

新築を建てたが実家は必要ないなどを感じている方は、是非、一度査定を依頼して見てください。

北陸不動産売却・買取コンシェルジュでは今年も沢山の査定を行わせて頂く予定です。

土地査定は、住宅需要が多いためか、査定が少なく感じています。

人気のエリアはもちろんの事、休耕地の活用や査定も行っています。

300坪位の田んぼを処分したいなど、ありましたら是非依頼して見てください。

今年度も、よろしくお願い致します。