北陸不動産売却・買取コンシェルジュです。

今回は、不動産売却時にかかる費用と必要書類についてお話させて頂きます。

不動産(土地・建物)を売却する場合。

法人が所有しているか、個人が所有しているかで費用が変わってきます。

 

法人が不動産を売却する場合だと、利益に対して約35%の税金がかかります。色々な経費等が発生する為、この限りではありませんが、基本的にはそうです。

個人が不動産を売却する場合だと、利益に対して約42%の税金がかかります。5年以上所有している不動産を売却した場合は約20%、相続後売却も約20%です。

売る側にかかる費用は所得税や法人税、その他に印紙代が発生します。

あと法人で利益が出ている会社の場合8%の建物分消費税がかかります。

必要書類ですが、権利書(最新のものだと登記識別情報)と本人確認の免許証、実印、印鑑証明書が必要となります。

これが、基本でかかる費用や必要書類となります。

あとは、建物付きの土地を解体更地渡しをする際にかかる解体費用や、条件付売買(一部を直して引き渡し)などの場合に別途費用が発生します。

北陸不動産売却・買取コンシェルジュでは、売却時のアドバイスも行っております。

是非お問い合わせ下さい。