いつも北陸不動産売却・買取コンシェルジュをご利用頂きまして誠にありがとうございます。

築年数が経過している建物は、基本査定価格が、経過年数に応じて下がって行きます。

しかし、稀にですが、非常に良いデザインである為に、高額な査定がつくケースがあります。

ケース1   建物が今の時代にあっているデザインで、かつ経過年数を感じさせない造りの建物(デザイナーズ住宅・マンション・アパート)など

ケース2  今の時代では、到底建たないであろう、または莫大な費用がかかる部材を使用・工法で建てられている場合、(古民家など)

ケース2の場合は、市などによって保存指定されていたりする為、あまり見かける事はありませんが、ケース1はたまに出て来ます。これで、かつ駅近くだったり、立地が良いと非常に高額な査定となるケースがあります。

これ以外は、法定減価償却の応じた形で建物価格は、毎年下落します。

使用していない建物は、年々価格が下落していきます。減価償却が終わった建物は価格が原則0になります。

固定資産税上は課税されますが、一定以上は下がらないので別の考えかたとなります。

築年数が古い建物の査定についてでした。

北陸不動産売却・買取コンシェルジュ